第12回定期演奏会情報|フルート・ピッコロ奏者:木内悠貴氏のご紹介

2020年6月28日(日)第12回定期演奏会でモーツァルト「フルート協奏曲第1番」のソリストとして木内悠貴氏をお迎えします。

木内氏は御殿場市出身。旧東ドイツの文化都市ワイマールの名門音楽大学で学んだ魅力あるフルート・ピッコロ奏者です。また、M響の指導陣の一人でもあります。

フルート・ピッコロ奏者:木内悠貴氏

以下プロフィールです。

プロフィール

木内悠貴

エジプト国立カイロオペラオーケストラ元副主席フルート・ピッコロ奏者。静岡県立沼津西高等学校芸術科、桐朋学園芸術短期大学を経て渡独。デトモルト音楽大学を最優秀の成績で卒業。フランツリスト・ワイマール音楽大学修士課程修了。これまでにフルートを土井清子、樋口貴子、吉岡次郎、白尾彰、ハンス=ヨルク・ヴェクナー、ウルフ=ディーター・シャーフ、ピッコロをベンヤミン・プラークの各氏に師事。ドイツにてテューリンゲン州立ゴータ管弦楽団、ワイマール歌劇場、イエナ管弦楽団などで客員ピッコロ奏者として研鑽を積む。帰国後は御殿場市民会館カルチャースクール講師並びにNPO法人Mt.Fuji交響楽団トレーナーを務める。